山本山本佳宏 yanmo.jp

二十一世紀の未読(メルマガ)

ワケわからんオブジェクト


浅草のウンコビルこと、アサヒビールのスーパードライホールは例に出すことすら憚られるあまりにも有名なウンコですがフィリップ・スタルクというおっさんのデザインだそうですね。フランスの。

 

あそこまで有名になると、他の人たちがウンコウンコ言っているのをどこからか小耳に挟むことが可能になりまして羊のような僕たちはようやく安心して指差すわけですよね、あれはウンコであると。

 

「ならばしかたがない。続けなさい。ただし、一度もウンコしたことのない正しき者だけ、あのウンコビルに石をぶつけなさい」

民衆は、とまどい、やがて一人また一人と浅草を離れ、石をぶつけているのはイエスただ一人だけとなった。

 

届かない。まず。石が。ウンコまで。


ちょっと焼きスルメ


■■ 身体の話 ■■

 

この身体の話って、ある種の、雑学書いて遊ぼうコーナーでもあったはずなのですが自分の最近の話を書くことになるとは思いもしませんでした。

 

僕は仕事中、スルメをずっと噛んでいます。

口寂しいのと、ガチガチと噛むことによって、何らかのα波的な集中力UP的なものを狙っているのかもしれませんが、本当はこの手の珍味が好きなんだと思います。まあガチガチ噛みます。



メルマガ『二十一世紀の未読』 2013.04.16


サカサナイデ

サカサナイデクダサイ

オネガヒテスカラ サカサナイデ

 

今週来週と、旅に出ます。

旅というか出張ですね。お仕事です。

おいおい、まだ仕事してんのかと。

俺らはお前の転落人生を見物に来てるんだぞと。

 


『二十一世紀の未読』 kindle版 発売!!







★第十一・第十二巻(完) 発売スタート★


メルマガ『二十一世紀の未読』のバックナンバーが

kindleで電子書籍としてもお読みいただけるようになりました!

これを機に、kindle端末や、スマートフォンのkindle無料アプリで

是非一度お読みくださいませ。

(第一巻はデアゴスティーニ的に100円です!)

よろしくお願いします!

メルマガのご購読はこちらからどうぞ。



■インタビュー記事掲載していただきました■





メルマガ『二十一世紀の未読』 2013.04.09


■■ 優しい子 ■■

 

日曜日は、風とロック神戸 LIVE福島 CARAVAN日本のトークショーにお邪魔致しました。

ご参加いただいたみなさま、誠にありがとうございました。失礼いたしました。

久しぶりにたくさんの人の前でおしゃべりをして緊張しましたが、楽しかったです。こんな小学生並みの感想要らないですか()

 


メルマガ『二十一世紀の未読』 2013.04.02


■■ 新大学生・新社会人に贈る言葉 ■■

 

風呂敷包みとズダ袋提げたカッペの大群が東京に来襲する季節となりました。皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

 

東京都の人口はだいたい1300万人ぐらいで、ゆるやかにですが毎年増加しております。日本の人口自体はそろそろ減少フェーズに入りますので東京の人口も、それに合わせて減るのか、あるいは外国人がその代わりに流入してくるのか、さらなるカッペが山から流入してくるのか。

 

来るカッペあれば、去るカッペあり。

 

東京を離れていく人も、もちろん後を絶たないわけですよね。


メルマガ『二十一世紀の未読』 2013.03.26


あなたの未来には、二つの道しかない。

「交通事故で死ぬ未来」と、「交通事故では死なない未来」。この二つ。

この二つ以外に道はありますか?ないですよね。

 

もし、あなたが将来、交通事故で死ぬことになっているとすれば、シートベルトを締めていようと交通規制を守ろうと、どれだけ神経質に運転したところで、交通事故で死にます。

一方、あなたが将来、交通事故では死なないのだとすれば、別にシートベルトをしていなくても猛スピードを出しても信号無視をしても、死なない。


メルマガ『二十一世紀の未読』 2013.03.19

 

日比谷野音では何度かライブイベントをお仕事でやらせていただきました。

音楽業界、イベント業界には、みなさんのようには詳しくない僕は、当然日比谷野音の偉大なる歴史への造詣が浅いというか持っておらず、周囲の方々は、「野音と言えば尾崎豊」「野音と言えば清志郎」「野音と言えばジョンとヨーコ」「野音と言えばキャロルと永ちゃん」と、口々にその歴史への敬意を表するわけですけども、僕はそれらを聴きながら、なるほどそうですかとただ頷くばかりでした。

日比谷野外音楽堂90周年ですか。良い場所ですよね、周りは公園だし。

今年の46日は、野音で、「風とロック東京 LIVE福島 CARAVAN日本 ?俺ら東京さ行ぐだョおっかさん?」がございますね。みなさま是非お誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

 


メルマガ『二十一世紀の未読』 2013.03.12


■■ 身体の話 ■■

 

社長の肖像画を専門に描くような会社がかつてはあったと思いますが、最近の企業で、歴代社長の肖像画を並べているようなところはあるんでしょうか。ジュウシマツ和尚みたいな。イイですよねあれ。みんな笑ってくれますよ。昔、月刊風とロックにも、エンライトメントの社長の肖像ページありましたけど。面白いからみんなやればいいのに。

 

かつての日本において、肖像画には一定の決まりごとのようなものがあったそうで、描かれた人物が右向きのものは本人を見ながら描いた絵。左向きの場合は想像で描いた絵。だそうです。

 

有名な戦国武将の肖像画のほとんどは、右向きの絵です。右向きっていうのは、左の頬っ面がこっちを向いてる状態ですね。秀吉も信長の絵も、そういえば確かに右向いてますねえ。

 




このページの上部へ