山本山本佳宏 yanmo.jp

2013年12月のエントリー 一覧

コミュニティの一生


お断りしてきますと、僕は名言が嫌いなわけでは全くありません、名言に群がる人が嫌いなだけです。あのバンドは好きだけどファンと取り巻きががキモイから嫌、的な、例のアレです。

せっかく良いなーと思うんだけど、その周りに群がる人たちがキモイせいで、その良いなーと思うもの込みで、丸ごと避けてしまう。僕は群れそのものがあまり好きではないので、さらにその外周から火事場見物のように眺めるのも苦手です。なのでより一層そう感じてしまうのかもしれませんが。

 


選ばれるということ

 

「放送作家のなり方は100人いれば100通りある」

 

作家がガキに聞かれる質問の2TOPは、「○○(芸能人)と会ったことある?」ともうひとつ、「どうすれば放送作家になれますか?」なんですが、どうすれば作家になれるかと尋ねれば、作家は100人が100人とも同じように答える。

 

「放送作家のなり方は100人いれば100通りある」

 

そこは100人いれば100通りの答えを言いなさいよ。

ひねりなさいひねりなさいと嘉門達夫に言われながらひねりなさいよ作家のくせに。

 


何かメルマガのお題募集(後編)

 

さて先週号に引き続き、皆様からTwitterでお寄せいただいたお題を元に、何ごとかを書いていこうと思います。お題をご提供くださった方のほとんどはメルマガをご購読されていらっしゃらないかとは思いますが、一応、読んでらっしゃるつもりでお答えするような感じで。

 

 

 

*本気について。人間どこで本気を出すべきなのか、出さないまま終わることもありなのか。一体本気て何?…などとふと考えました。いかがでしょう。

----


何かメルマガのお題募集(前編)

 

あまりにも筆が進まない、メルマガはまあ別にいいとして筆が進まない、筆が進まないなんていう理由で僕の蝋燭が源平討魔伝のごとく着実に減っていくのを見るのは本当に悲しくなります。あと何本残ってるのかしら。

 

そんな悲しさや焦りは冷静な判断能力を奪ってしまいますもので、僕はTwitterに何かを頼ろうとしてしまいます。

「何かメルマガのお題募集」

 

これまでもメルマガでお答えしてきたこと、さらにはもっともっと気が遠くなるほど昔に正解を見つけ、気が遠くなるほど繰り返し答え、全く伝わらなかったことも、含まれているかもしれません。それ前見た、というものにつきましては何卒ご容赦ください。

今の僕はお悩み相談室でも、学校の先生でも、番組スタッフでもありませんので、かつてに比べればなお一層、媚びは減少してしまっておりますので、お気に障った方に対してはお詫びしますが、訂正はしません。

 

 

ともあれ、Twitterでのワガママなお題募集にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。できる限りお答えしてまいりたいと思います。

 


このページの上部へ