ハロー!僕のプロフィールを紹介するね!

 

身長40メートル。体重7000トン。僕の仕事は、人間をミクロ化し、標本として持ち帰ること!

地球侵略のために、上司に派遣されたんだ!

赤い目のA、青い目のB、黄色い目のC。フフフ、カラコンじゃないよ!僕には三つの顔があるので、人からは『三面怪人』とか呼ばれたりするよ!失礼しちゃうよね!

 

こんにちは。ダダです。ダダイズムの天才詩人、「中原中也」を紹介します。

 

「頭倒(さか)さに手を垂れて

汚れ木綿の屋蓋(やね)のもと

ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」

 

(中原中也『サーカス』より)

 

ゆやゆよん、ゆやゆよん、あ・え・い・う・え・お・あ・お・ゆ・や・ゆ・よ・ん...どれだけハキハキと発音してもハキハキ聞こえないこの語感...

 

中原中也って、やっぱイイですよね。

 

彼は、昭和12年に、30歳という若さで亡くなってしまったで夭折した近代を代表する詩人。

亡くなっちゃったけど、今の日本には、中也の遺伝子は、脈々と受け継がれていること、ダダは知っています。

 

ほら、周りを見渡せば...

 

『中○○也』

 

という名前に、クリエイティブな人、多くありませんか?

「中也の遺伝子が生みだす、現代のクリエイティブ」、ダダがナビゲートしたいと思っているよ。