地獄に落ちるわよ!!

 

キリストが生まれて2007年目。経すぎ。どんだけ年数経とんねんと。駅前の自転車置き場で因縁をつけられながらも2007年がやってきた。

今年も色々ありましたがとか言われると色々ありましたの主語は何だと言い返したくなるものですが、まあどうやら色々あったみたいですね。

昨日や明日じゃなくて今を歌ったフリーペーパーではあるけども、たまには床暖房の上でスジコのようにグダっと寝転がりながら過去を振り返るのもいいかもな。人肌のぬくもりを持つスジコとして。スジコとしてなんだよ。何様だ。全体的にくっつきやがって。なによいいじゃない。ジワジワ近づいてくる2007年から激しくステップバックして現実逃避する日があったっていいじゃない。

 

2007年を迎え胸を撫で下ろしている僕と、胸を撫で上げた君。動きが不自然!!

なぜ撫で下ろしたか。その理由は2005年の年末にまでさかのぼる。

神奈川のどこか海のそばに住むという占い師というか霊能者というかそういう女性と何の因果か会うことになった。

僕は本来占いとかされるのが大嫌いで、仕事で占い師の人に来てもらってスタッフの皆さんも見てあげますよと言われても、いいですいいですいいです無理ですいいです無理ですと強硬にツッパネーションだったわけだけどもそれは恐怖。うっかり信じやすいという名の恐怖。はいどーもー!!シンジでーす!ヤスシでーす!シンジヤスイでーす!! ヤスシの名前がコンビ名に反映されてない!!!!!!!!怒れヤスシ!!!!!!

今回のこのお方は滅多に占ったりしてくれない著名なお方らしくてどうしても断れず目の前に座らされ占われ。当時31歳にしてドキドキサーティーワン。だってさー女のADとか鼻水垂らしながらうなずいたり大声出したり膝でシャレコウベ割りそうな勢いでお辞儀してたり山本さんすっごい当たりますよすっごい当たりますよみたいな事言ったりして怖いわそんなもん。当たってなくてもイヤなこと言われてテンション下がったりすんのイヤなんだけど占いとかで。いいですいいですぼく無理ですいいです。

さて。スッゲーニコニコしてやがって怖い。さらに怖い。金貸すときのヤクザみたいでスッゲー怖い。

顔は笑顔固定のまま僕をみつめて著名な霊能者はこうおっしゃった。

「疲れてますね」

「はあ」

「あなたは来年............」

「はい...」

「...首の凝りすぎで倒れます」

イヤや―――――――――ん!!!!!!!それ占いか-――――――――??????????健康診断受けに来たんじゃねーんだよ!!!

 

良かった。首の凝りすぎで倒れなくて、本当に良かった2006

世間には数多くの『すぎ』がありますけど首の凝りすぎって。聞いたことねーよそんな占い結果。

本当に良かった。胸を撫で下ろし首を舐め上げながらつぶやいた2007年。今さらながら、『首の凝りすぎ』という占いというか予知というか予言というか。これが面白くなってきた。未来のこと色々イマジンするのって楽しいけどそれを人に向けて断言して外れてもほったらかしみたいな。こんなんでも食っていけるなんて世界は本当に成熟していますよね(棒読み)。どーせバコバコに外すんなら、もっとクリエイティブに、もっと楽しくなれるような外し方があっていいはずというか世の中にはきっとあるはず。クリエイティブな予言がどこかに。