プロローグ ― ドドドドドドドドド ―

 

ドドドドドドドドボボボボボボボドドドドドドドドボボンドドン。

 

俺、ベーシスト。アマチュアバンドでベースを担当している。今、LIVE中。AメロBメロサビが終わり、俺には少しの休息が訪れた。

嗚呼...ギターソロ...あいつは気持ち良さそうにステージの真ん中に立ち、思うさまギターをかき鳴らしている。ボーカルはそんなギタリストに寄り添い、「人」という字を2人で描きながら、エアギターをかきならす。歓声と共に、照明さんがスポットライトを当てる。俺以外の場所に。今、誰も俺を見ていない。ああ、一人たりとも俺を見ていない。変な顔をしてみた。ホラ、誰も見ていない。もうすぐギターソロが終わる。そろそろ準備するか。

 

ドドドドドドドドボボボボボボボドドドドドドドドボボンドドン。

 

俺、ベーシスト。

 

 

さて。こんなミニドラマに、怒りを覚えるミュージシャンの方がいらっしゃるかもしれない。「お前はロックをバカにしているのか」と。毛頭もバカにしていない。ただ、ふとした疑問が浮かんだだけ。

 

『音楽始めるときって、普通ギター買うよな...

 

ギタリストに憧れ、ギターを買う。コードを弾いてみる。リフを練習してみる。段々楽しくなる。バンドをやりたくなる。友達とバンドを結成する。ギタリストは1人。

 

私は、『ベーシストが生まれる瞬間に起こること』を知りたいんです。ボーカル、ギターに比べて、明らかに日の当たらないベースという楽器を選ぶ瞬間。そこには、ある種の『ロック』が隠れているんじゃないだろうか。

 

地味地味と言われ続けるベーシストに、スポットライトを当てた瞬間。そこには、ものすごく素敵な光景があるんじゃないか。そうすれば、もっとみんな、ベーシストを目指すんじゃないだろうか。そんなことをボンヤリ考えたわけです。

 

だってさー、女性ボーカルとギタリストのバンド内結婚って多くない?マジで。

古くはリンドバーグの渡瀬マキ&ギタリスト平川達也。もっと渋いところでいうと、永井真理子&バックバンド『ヒステリック・ママ』ギタリスト廣田コージ。知らないからホント。渋すぎるから。最近だと椎名林檎も、バックバンドのギタリスト、弥吉淳二と結婚してたし。離婚したけど。あと市井紗耶香と「CUBIC-CROSS」のギタリスト吉澤直樹。ギタリスト需要もモー娘。まで来たか。

 

ホラね。バンドのベーシストと結婚したのって、トミーフェブラリーくらいですよ。トミーヘブンリーくらいですよ。川瀬智子ちゃんくらいですよ。数少ないので何回か言ってみた。でも寂しいだけだった。

 

さあ、飛び出そう若人たちよ。ベースこそロック!ベーシストこそロック!女性ボーカルは、もっとベーシストと結婚せよ!

 

そんな熱い思いを伝えたい。