というわけで

 

作家を始めて何年かの間、すごく厳しいというか口うるさいディレクターと仕事をした。

『"さて"を使うな』 『"というわけで"とか書いてんじゃねー』

まあ何かにつけて「というわけでございまして」とか「さて」とか言う人は多いし、実際に編集点として便利な面もある。でも作家が原稿でそれをやっちゃダメなんだと、作家としての脳みそが腐るんだと、むこうの口と僕の耳が同期して酸っぱくなるくらい言われた。

当時は「うっせーなこのオッサン。関係ねーだろーが」としか思ってなかったが、ある程度年齢を重ねた現在、あのときのことをふと思い出す。

今僕は、文の頭に『さて』とか『というわけで』とか書くのが死ぬほど嫌いだ。それはあのディレクターの教育の結果なのか、実は昔からそう考えていたのか、今となっては分からない。しかし、いつの間にかどんどん『というわけで』を意識的に排除していきある日ある事実にあるっと気づいた。

 

「見てるやつがハッとすれば、それでいいんじゃねーのか?」

 

見る側&聞く側の注意を「話変わったよー」「仕切り直しますよー」と喚起する目的さえ果たせば別に何でもいいんじゃないか。

 

テレビではなかなかやりづらいので、まずはラジオでやり始めた。何をだ。

『"というわけで"の代わりに、完全に脈絡のない擬音語で話を仕切りなおすこと』だ。

 

先週の原稿ファイルを開き、『というわけで』と書かれた部分を探し、BackSpaceカチカチカチカチカチカチ。価値が化石化した接続詞などこの世から消えてしまってよい。

『というわけで』の代わりに、『す―――――ん!!』と書いてみた。叫んだのに叫んだ実感がすげーない音って何かなーと思いながら横棒をパチパチ伸ばしただけという以外の意味はない。どうしようもない志の青臭さ。どうしようもない文字ヅラの異物感。そしてタレントが半信半疑FACEで『す―――――ん!!』と叫んだ瞬間の、どうしようもない快感。ほら!成立してる!成立してなくてしてる!異物感があればあるほど話題転換には持ってこいだ!!!よし、今日から変な音インサートしまくってやる!!!!!!

 

正確に言えば、これは擬音語とは言えないかもしれない。

 

ぎおん-ご 【擬音語】

事物の音や人・動物の声などを表す語。「ざわざわ」「がやがや」「わんわん」「しくしく」の類。擬態語。写声語。オノマトペ。

 

野間園子、18歳高3。最後のインターハイ。しかし彼女は、今シーズン一度も自己記録を更新していなかった。そう、ライバルが突如、陸上部から消え去ってしまったあの日から。あいつさえいなくなれば、インターハイの優勝は私のもの。そう思っていたはずだった。なのに、飛べない。昔なら軽やかに越えていたはずのあのバーが、今日も飛べない。そして、THE LAST JUMP。仲間たちが見守る中、野間はいつもと変わらない助走を始めた。徐々にスピードが上がる。不安も徐々に増す。そのとき、観客席からの声が聞こえた。「お野間―!!」 あの声はまさか。「お野間――!!!」間違いない。私がいつも目標としていた、ライバルだと思っていた、あいつの声。あいつが、私のTHE LAST JUMPを見に来ている!!飛べる!飛ばなきゃ!あいつの前で、飛ばなきゃ!!「お野間―――!!お野間飛べ―――!!!!!!!」「誰がオノマトペだ――――!!!!」ピョ―――――――ン!!!(場内から歓声)

 

すいませんオノマトペと聞いて高校時代の熱き思い出が蘇ってしまいました。

擬音語でしたね。

ざわざわがやがやわんわんしくしく。日本語は擬音語が多いね。というか擬音語抜きではほとんどの日常会話が成立しないね。よく頑張ったね。君はそのままで大丈夫だよ。泣いていいよ気持ち悪いわ!!!カウンセラー(東京在住・男)か!!!

擬音語でしたね。

『事物の音を表す』ことが擬音語か。やっぱり何かを表してこその擬音語か。なら、クリエイティブを擬音語で表す事は可能というか表しても良いんじゃないかというか文字ヅラだけでクリエイティブを表現できるなんて素敵というか既存のものをありがたがって使うだけなんてつまんないというか。