得意なこと

 

があったことー。 今じゃもー忘れてるのはー。これ以上垂れて流すとお金取られそうなんで紅潮した頬をピカピカに膨らませながら喘ぎながらやめときますけども膨らませながら喘げんのかお前。喘げんのかっつってんの。絶対に熱いうどん冷ますみたいな感じにしかなんないんでしょ?フォフォフフーフォフォフフルーそれで喘いでるつもりなのかっつってんの。絶対アンタなんかよりアタシのほうが上手に喘げるんだからフフォフルルーフォフフルフー一緒!!!!!!!!大体!!!!!!!!

 

BUMP OF CHICKENの『才悩人応援歌』という曲がありましてすごくいい歌なんですけど歌詞書くとお金取られそうなんで歌詞の内容をランニングワイルドでまとめてみますと、

 

・得意だと思ってたことが他の人のほうが得意だったっす。

・平凡だからこそ苦しいんす。

・はいはい。あんたらからしたら頑張ってないみたいに見えるんでしょ。

・期待されるような命じゃないから消えてもいいでしょ。

・でも正直消えたくないっす。

 

才悩人。才に悩む人。幼児性の万能感は社会に触れるごとに喪失していってなんでもかんでも自分が1番じゃないってことをイヤというほど突きつけられて僕らは大人になっていくんだけど最近のオッサンが分析したところによると最近の若者は甘やかされて万能感を保持したまま思春期を迎えてしまって自分が1番じゃないことを免疫のない目ん玉におもっくそグリグリ見せつけられてプチ鬱?みたいな?そんなことになってるらしいですWA。そんな分析はどーでもいいんだけどBUMPのこの曲は時代の川の流れを高みから傍観してキレイに歌いあげたりせずに自分で飛び込んでってる気がして好きでした。orbital periodっていうアルバムに入ってる曲なんだけどもアルバムの中で1番好きな歌だったんだけども今は違います。

アルバムがリリースされた直後にとある10代の男子が何を思ったのか僕に向かってキラキラとしたまっすぐな目で「この曲ってまさに先生のためにあるような曲ですね」どこがじゃコラアアアアアアアアアアどういう意味じゃコラアアアアアアアアアア誰が才能なくて悩んどんじゃおんどれボゲエエエエエエエエエエエエエ!!!!!!!!!!!!!!!!!!相手が年端も行かぬ虞犯少年であることを忘れてすっかりメートルが上がり切ってしまった的な勝手な理由で僕は『才悩人応援歌』が一方的に好きじゃなくなってしまいましてBUMPのみんなゴメンナサイ読めばお分かりの通り一切気にしていただかなくて結構な感じの理由ですんが何で僕はこんなにも怒ったのかしら。図星を突かれて猛り狂ったのかしら。可愛いだけじゃダメかしら。

不遜を承知で言うと僕は確かに才能についてここ数年悩んでいてそれは前述のアホ男子のご指摘とは逆噴射で、自分で自分にあると思ってる才能をどうやって捨てたらいいんだろと思っててそれぐらい自分にとって才能って存在が邪魔だった。

小さいしマイナーだし世間の人にとっては取るに足らないノイズでしかないんだけど僕は仕事を積み重ねてきて僕のことをキライな人はたくさんいるけど多分才能があると思われていて自分でも才能があると思っていて思えば思うほど不安が増大した。本当は才能がないんじゃないかという不安。才能だと思っている何らかのものがある日消滅してしまうんじゃないかという不安。

自分にはないと思えばツライ。あると思えば不安。才能って何なの。邪魔じゃね?イヤなことばっかじゃん。アホじゃないの?

 

広告が作りたい。音楽をやりたい。でも自分には才能が多分ない。センスがない。相手にされないかもしれない。ダサいとか言われるかもしれない。じゃあ何がしたいのと聞かれたら上手に答えられないかもしれない。才能がないという劣化ウラン弾はいつまでも腸に流れず胃液の中にズッショリと浮いたままで胃が重くてナンバ走りを活用しても重心が前に移動しなくて不安っつーか絶望っつーか立ち尽くし。不安を抱えて憧れて。