ダンス教室 

 

「あのー...すいません」

 

「いらっしゃいませ」

 

「習いたいんですが」

 

「では右手を上に挙げてみてください」

 

「こうですか」

 

「もっと垂直に。洋梨をつかみとるようなイメージで」

 

「なるほど。こうですか」

 

「そうです。次は左手を直角に曲げて前後に動かしてください」

 

「右手は挙げたままですか」

 

「挙げたままです」

 

「はあ...こういう感じでしょうか」

 

「もっと回転させて。喜びの機関車のようなイメージで」

 

「くっ...こうでしょうか」

 

「なかなかいいですね。見込みがあります」

 

「ありがとうございます」

 

「では、入会希望書に記入お願いします」

 

「はい」

 

「右手を下ろさないで!!

 

「え?」

 

「洋梨をあきらめないで!!

 

「でも私、右利きだからこのままじゃ書けません」

 

「あなたにとって、本当に大切なのは、入会希望書と洋梨、どっちなんですか?」

 

「入会希望書に決まってるじゃないですか」

 

「痛い痛い痛い!左手がわき腹に当たってます」

 

「すいません」

 

(続く)

 

 

 

日常の中のダンス

 

踊れ踊れ!ヒャーハハハハバキュンバキュンバキュン!!!ならず者に酒場で足元を乱射されるさすらいのガンマンをニヤついた目で眺める客ABAのほう。それくらいの重要性で世の中に参加していきたいです。何の決意表明でしょうか。

先日、担当する番組に某企業から依頼が来た。「ウチがテレビCMでやってるダンスを流行らせてほしい」。無理ですだのあーだのこーだのの末、その商品の新しいダンスを作ることになった。作詞した。その場のノリでアホみたいな振り付けに決まった。どうなんでしょうか。この号が出る頃には少しくらい流行ってるんでしょうか。まあその辺はどうでもよくて、そのダンスのムービーを収録しているのを横でボンヤリ見ながら、おおおおむすびを食べつつ、ぼぼ僕は、おお、おおおお思ったわけなんです。だから語尾のルール守れよ。

なんでこいつ(タレントさん)踊ってんのかなーと。なんで商品のためにダンス作んなきゃいけないのかなーと。変なのーと。

元々、ダンス的なものに一切興味がないし今もない。高尚であればあるほど興味がない。はい飛んだ――!!はい回った――!!開脚――そして笑顔--!!!こっち見んな――――!!!!!

アートを解さないと言われても印象派って良いよねの次に来る安藤忠雄って良いよねの次に来るクロムハーツって良いよねの次に来るイームズって良いよねの次に来るラッセンって良いよねくらいのレベルなものでまたラッセンかー...しぼりだした末にラッセンとか言ってんのがダメなんだろうなーというくらいの解さなさだから仕方ないけど、なんか身分が卑しいやつみたいな扱いを受けるのも腹立つので何となくダンスを解したフリをして毎日俺はオフブロードウェイだった。I LOVE N.Y....I LOVE NOBUO YANA.

よく考えたら八名さんはそんなに好きじゃなかった。そろそろ研ぎ澄まされたアートとしての肉体たちに殴り殺されそうなのでこの辺でしなやかな黒豹のようにやめときますけど。

 

非日常的な動きを、非日常として見せられると、ダメなの。自分との間にすごく断絶感があって、体が拒否するの。

DOYO、こんなアーティスティックな動きできるんだぜー」とかやられても、ダメなの。

ダンスは『ハレ』というかなんというか非日常そのものなのか。大体日常で両腕振り回したりするのはセックスした後「お前あんなところに毛が生えてるんだな」とかベッドで彼氏にボソッと言われて顔真っ赤にして胸をポカポカ殴る彼女くらいのもんで、それ以外の人間には全く必要ない。ウェルコメン五十肩。そんな肩もロクに上がらないオッサンが群れている日常にダンスを持ち込んで流行らせたり覚えさせたり面白いじゃんと思ってもらったり自分もやってみようかなと思わせたり。そんな努力のほうが、クリエイティブなんじゃないかと、個人的には思う。