今でも僕の心から決して離れない。

テレビを見る僕の背中に向かって、父親が言った言葉。

「ヨシヒロは頭がデカイからテレビが見えない」

笑う母。

僕は頭がデカイ。

デカくて親の邪魔をしている。

邪魔になるぐらいデカイ。

今から思えば、別に僕の頭はデカくも小さくもなかった。

でも、当時の僕は自分の頭がデカイと信じこみ、

自分の頭のデカさを恥じた。

今でも忘れられない。

僕の頭を見て笑う父と母。

全国の親の皆様。子供の頭がヨネスケのシャモジぐらいデカくても、

笑わないであげてください。

意外と30歳を過ぎても気にする危険性があります。