長男の星・勇 

 

「五月!アンタ嫁の分際でアタシに楯突く気かい?」

「お言葉ですがお義母さん。私の事だったら何言われても構いません。けど、愛や眞のことだけは口出しして頂きたくないんです」

「まったくもう?勇!アンタの嫁の教育がなってないからこんなことになるんだよ!」

「・・・・・・・・・・・・(前髪ペロン)

 

 

【小島勇(こじま・いさむ)】中華「幸楽」の長男。

 

サラリーマンになることが夢だったが、中学卒業後、その夢をあきらめ「幸楽」を継ぐ。

いつも嫁の五月と姑のキミの板挟み。気苦労が絶えないのか、すっかり髪の毛も薄くなってしまった。

酔っ払うと、寂しい前髪ひと束をペロンペロン垂らしながら暴言を吐く。

 

 

so sad...寂しい...あまりにも寂しすぎるぜ勇...お前だけのために、キャンプファイヤーの前でギターを爪弾きたくなるほどの寂しさだ勇。日本全国の『長男』の脳天辺りからモヤモヤと発散された「悲哀オーラ」を、体いっぱいに吸収してしまったかのような表情がテレビの画面いっぱいに映し出されるのを見て、ウヒャウヒャ馬鹿笑いするのが「渡る世間は鬼ばかり」の正しい見方。ホントかそれは。

 

勇だけじゃない。現実世界、いや、クリエイティブ界にこそ、長男の涙はTUNAMIとなって押し寄せている。あトゥナミになっちゃった。まあいいか。

いやいやいやいや、あのね。長男、いないわ、ほとんど。ものすごい勢いでひとりっ子。

確かに聞いたことはある。クリエイターにひとりっ子が多いって。でも想像以上。

でもね勇、大丈夫。だからこそボクは思うんだ。『長男クリエイター』こそ最強なんじゃないかって。

 

今回は、長男クリエイターを応援することにする。そして捧げるよ、勇に。あ、ごめんやっぱり勇に捧げるのやめる気持ち悪いから。