視力検査

 

「これは?」

 

「上」

 

「これは?」

 

「右です」

 

「じゃこれ」

 

「父です」

 

「これは?」

 

「母です」

 

「ちがいます。これは?」

 

「えーっと、兄?」

 

「もっと良く見て」

 

「...すいません、若い頃の父です」

 

「これは?」

 

「父です」

 

「もっと良く見て」

 

「...すいません、父の双子の兄でした」

 

「右目1.5です」

 

「はい」

 

 

 

目が良くて何が悪い

 

どうもこんにちは。目玉のオヤジじゃないほうの目玉です。あいつとは双子です。え?声が低くて渋い?どうもありがとう。弟も本当は私と同じような声ですが、役作りに悩んだ結果、ああいった甲高い声を出しているようです。私はいまだに反対です。

目玉のオヤジの双子の兄はほっときまして。今や日本の高校生の60%近くが、視力1.0未満。0.3未満は30%以上。さて問題です。日本は次のうちどれでしょうか? 1 近視大国 2 近視共和国 3 近視コンツェルン (10)

 

目が悪い=近視が日本のマジョリティとなっております。それに押されてか、目がいい人たちが肩身の狭い思いをしているじゃないですか。どうしてですか。どうして目がいい人をいじめるんですか。良くないと思います。かわいそうだと思います。ちょっと静かにして!どうして私が発言してるのに雑談するんですか。先生がいつも人の話をよく聞きなさいってキーンコーンカーンコーンキーンコーンカーンコーン。泣き出す学級委員の後を引き継いで単刀を直入して言う。なぜ、目がいいとバカにされるのか。ひがみか。またひがみか。出る杭は打つか。アリクイは鬱か。エサがチョロチョロしてイィィィィィィィィィィってなるからか。

目がいいとバカで、目が悪いと賢い。俗説的に一般論となってはいるが、良く見るとねじくれている。目がいいほうがイイに決まってんじゃん。色々なもの見えるほうがイイに決まってんじゃん。目がいいやつはボンヤリと見ることもできるけど、目が悪いやつが裸眼でハッキリ見ることなんかできないじゃん。絶対目がいいほうがクリエイティブの素質あるはず!